このブログは、鎌谷悠希さんのブログでは、ありません。コチラ↓に移動してください

http://corvusmr.exblog.jp/

2008年09月18日

坂の上の雲

坂の上の雲』(さかのうえのくも)は歴史作家・司馬遼太郎さんの長篇歴史小説で司馬さんの代表作ともいえる作品です。

平成21年(2009年)より、NHKのスペシャルドラマとして、3年間にわたり、計13回のの予定で放送されるそうです!

『坂の上の雲』は明治時代、日露戦争において作戦参謀として活躍した秋山真之(あきやま さねゆき)、真之の兄・秋山好古(あきやま よしふる)、そして友人の正岡子規(まさおか しき)を中心とした物語です。

秋山真之、秋山好古、正岡子規の三人の生涯をたどりながら、明治時代という、封建の世から近代国家へと大きな変化を遂げていくその時代に生きた人々の姿が壮大なスケールで描かれています。

特に後半の、ロシアバルチック艦隊との日本海海戦の模様などは圧巻です。
児玉源太郎、東郷平八郎、乃木希典などの将官たちの存在も見逃せません。

スペシャルドラマ「坂の上の雲」では、秋山真之役に本木雅弘さん、秋山好古役に阿部寛さん、正岡子規役に香川照之さんといった、そうそうたるメンバーが顔をそろえています。

これはかなり期待できそうですね。

秋山真之、秋山好古、正岡子規の三人の出身地である愛媛県松山市でも大々的にロケが行われたようです。

余談ではありますが、司馬遼太郎さんの作品の中では、吉田松陰や高杉晋作など明治維新に関わる長州藩を題材とした、『世に棲む日日』もおすすめです。

時代の流れでみれば、『坂の上の雲』の始まりと、『世に棲む日日』の終わりが重なっています。
ラベル:ドラマ 小説 俳優
posted by クロック at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。