このブログは、鎌谷悠希さんのブログでは、ありません。コチラ↓に移動してください

http://corvusmr.exblog.jp/

2008年10月21日

iKnow!

iKnow!」は無料英語学習ができるサイトです。
私もTOEICに勉強に活用させてもらっています。
なにしろ無料で英語学習ができるところがいいです。画期的ですね。

私も今まで、英語の勉強に尋常じゃないぐらいのお金と時間をつぎ込んできました。昔は、iKnow!のような無料で英語学習できるようなサイトがなかったですし。参考書や問題集はもちろんですが、通信教育や英語合宿もいろいろと経験しました。英語合宿などは、楽しかったし、いい経験にもなりましたが、やはり結構なお金を使いました。

iKnow!で使われている「学習エンジン」は、米国ハーバード大学教授やさまざまな専門分野の科学者、技術者といっしょに研究を積み重ね、開発されたそうです。この学習エンジンは、学習者それぞれの学習の進捗状況によって、進度や難易度を自動的にカスタマイズしていくという画期的なシステムです。この学習エンジンによって、とても効率的で無駄のない英語学習が行えるそうです。この自動でカスタマイズしてくれる機能って、とてもいいです。いいと思います。なにかと飽きっぽい私でも、いまのところと飽きずにつづけられています。

iKnow!では、学習コースもこれでもかっていうぐらいたくさん用意されているので、自分の一番やりたい英語学習に取り組めるのもいいですね。TOEICだけでなく、GMAT、GRE、SAT、TOEFL、大学受験、基礎英語、海外旅行などのコースがいろいろと用意されています。

iKnow!でTOEICの学習をはじめてから、まだ実際のTOEICテストは受けていませんが、どれだけスコアを上げることが出来るか、今からたのしみです。

http://www.iknow.co.jp/
posted by クロック at 14:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

カルトナージュ

カルトナージュ(Cartonnage)が話題です。

カルトナージュはフランスに古くから伝わる伝統的な工芸です。厚紙(カルトン)をいろいろな形に組み立てて、美しい布や紙を貼り付けて装飾する厚紙細工を指します。

カルトナージュは、手軽に作れることや、実用性のある作品が多いというところが人気となり、新たに取りくみ始める人が最近増えているようです。カルトナージュでは、アクセサリーケース、フォトフレーム、ブックカバーなど、世界にひとつだけの作品が出来上がるところも魅力のひとつです。

全国にはさまざまなカルトナージュ教室などがあり、ちかごろどの教室もにぎわってきているようです。

またカルトナージュに関する本もいろいろでています。まずはカルトナージュに関する本を買って自分でやってみて、はまりそうだったら、カルトナージュ教室に行ってみるのもいいと思います。

カルトナージュに関する本では、下記の5冊が人気があるようです。
下記の5冊はどれも写真もきれいで、みているだけでもいい気分になりますね。

はじめてのカルトナージュ―紙で作るフレンチテイストの雑貨小もの
北野 三希代 (著)
日本ヴォーグ社


暮らしの中の布箱づくり―広岡ちはるのカルトナージュ
広岡 ちはる(著)
文化出版局


カルトナージュ―6つのアトリエから届いた布箱
文化出版局 (編さん)
文化出版局


リネンで作る布箱雑貨----はじめてのカルトナージュ
駒澤 由美子 (著)
河出書房新社


カルトナージュ
国府田 清香 (著)
マガジンランド




posted by クロック at 16:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

東京マラソン2009

今年度の東京マラソン、「東京マラソン2009」は、2009年3月22日(日)に開催予定です。
参加申し込みは9月22日(月)で締切られましたが、みなさん、応募されましたか?

今回の申し込み状況は、フルマラソンが定員30,000人に対して、応募者が226,378人、10kmコースが定員 5,000人に対して応募者35,603人だそうです。(東京マラソン2009公式ホームページより)

昨年度開催された、東京マラソン2008の時には、フルマラソンの定員が25,000人だったので、5,000人ほど出場枠が増やしてあります。けれども前回の申込者は130,062人だったので、当選確率はさらに低くなりました。。。申込者数合計は261,981人なので前回比では68%増です。当選された方はかなりラッキーですね。

運命の抽選結果の通知は11月中旬だそうです。
人数が多いせいか、抽選にも時間がかかるようですね。

参加料は、フルマラソンが国内からの申し込みの場合が10,000円、海外からの申し込みの場合が12,000円です。10kmコースは国内からの申し込みが5,000円、海外からの申し込みが6,000円に設定されています。

東京マラソン2009に併せて、2009年3月19日(木)〜21(土)の期間には、前回同様「東京マラソンEXPO2009」や、「東京大マラソン祭り」も開催されるようです。

「東京マラソン2009」は前回以上に盛り上がりそうな気配です。

posted by クロック at 11:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

カバー取引

カバー取引という言葉、ちょっと気になったんで調べてみました。

FX取引外国為替証拠金取引)などをやっていると時々耳にする言葉です。

カバー取引とは、外国為替証拠金会社(FX取扱会社)が顧客との取引により発生するかもしれない損失を減少させるために、顧客から受けた注文と同じ取引を他の業者等に行う取引の事をいいます。

カバー取引を行うことにより、投資家からの注文がFX取扱会社からカバー取引先に引き継がれ、外国為替証拠金会社は個人投資家から集めた注文による為替リスクを解消できます。

株式取引などでは投資家と投資される側の間に取引所や証券会社が入って仲介する形なので、取引相手は特定されません。

それに対して、外国為替証拠金取引の場合は投資家と外国為替証拠金会社の直接取引となるため、投資家の儲けは外国為替証拠金会社の損、外国為替証拠金会社の儲けは投資家の損となります。

外国為替証拠金会社は、この発生する可能性があるリスクを解消するため、投資家から受けた注文と同じ注文をカバー取引先である他の外国為替証拠金会社や銀行とおこなうようになっているようです。

ただし、このカバー取引のやりかたには、FX会社によってさまざな違いがあり、また、カバー取引先もFX会社によって違うそうです。

カバー取引先は、それぞれの外国為替証拠金会社のホームページなどで確認できますのでFX取引(外国為替証拠金取引)をやっている方は、一応確認しておいたほうがいいですね。
posted by クロック at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

イーアンドケー MYVAC ホバークリーン

イーアンドケーが発売している家庭用掃除機「MYVAC ホバークリーン」はとても画期的な掃除機です。

見た目は一般的な掃除機とさほど変わりませんが、唯一変わっている点は、一般的な掃除機についている車輪がないんです。車輪がないと、とても不便なような気がしますが、その車輪の代わりにかなり変わった機能がついています。れがホバークリーンという名前が表しているとおり、空気の力で掃除機本体を浮かしてしまうのです。ホバークラフトみたいな感じです。確かに掃除機は空気の力でゴミを吸い、使い終わった空気は排気してしまうので、これを利用しないてはないですね。

浮く高さは約1mmだそうなので、毛足の高いじゅうたんなどにはひっかかってしまうようですが、フローリングや畳などでは威力を発揮します。掃除機本体を浮かすことによって、とても軽い力で移動することができるそうです。また、車輪がないので、畳やフローリングを傷つけることがなく快適にお掃除できます。賃貸や新築の家にお住まいのかたには便利ですね。

吸引力も1200Wモーターを使っているため、なかなか強力です。
掃除機から出る排気はHEPAフィルターを通すため、クリーンな空気なのも安心ポイントです。

また私がおもしろなと思った点がもうひとつ。
それは付属のホースが約4メートル伸びるということです。こんなに伸びたら天井など、たいていのお掃除できてしまいますね。今までホースが4メートルも伸びる掃除機なんてみたことがありません。

ワールドビジネスサテライトのトレンドたまごでも紹介されたらしいこの家庭用掃除機「MYVAC ホバークリーン」、こんな新しい着想の商品がどんどん出てくるといいですね。


posted by クロック at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

アガツマ「アニメスタジオ」

アガツマ「アニメスタジオ」、これはコマ撮りアニメを簡単に作成することができる装置で、東京都の玩具メーカー、株式会社アガツマが10月に発売を予定している装置です。

都立産業貿易センターで開催された、玩具業界の関係者を対象とした、玩具関係の商談会「2008 東日本玩具見本市」で発表され、かなりの注目をあびました。

アニメスタジオの構造は、正方形の台の上にデジタルカメラが付いていて、そのデジタルカメラによって1コマずつ撮影し、内蔵ソフトを使って再生することができるというものです。

またカメラは、台の上から真下を撮影するだけでなく、付け根の所から180度回転させ、真横から台の上を撮影することもできるようです。
この機能を使うと、セル画などを使ったセルアニメだけでなく、粘土を使ったクレイアニメなどもわりと簡単にできそうですね。


再生はAVケーブルを使ってテレビに接続するとすぐに再生できます。
再生速度が1秒間に4コマで固定されていることと、音声とつけることができないことがあり、本格的なアニメには向かないかもしれませんが、パラパラマンガ的な使い方にはもってこいですね。

画像データはJPEGで保存され、本体に40枚、1GBのSDメモリカードを使えば9,999枚以上の画像を記録することができるそうです。

気になるお値段は15,750円なので、かなりリーズナブルです。
衝動買いしてしまいそうです。

posted by クロック at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ステレオポニー

ステレオポニーは、沖縄出身のガールズ・ロック・バンドで11月5日にシングル“ヒトヒラのハナビラ”でメジャーデビューを飾ることになっています。

メンバーは、NOHANA(ベース)、AIMI(ボーカル&ギター)、SHIHO(ドラムス) という平均年齢17.3歳のスリーピース構成です。アマチュア時代からさまざまなコンテストで脚光をあびていました。満を持してのデビューとなりそうです。

すでにテレビ東京系人気アニメ「BLEACH」の10月度のエンディング・テーマとして流れることが決定しているようです。
プロデューサーはYUIを手がけた近藤ひさし氏で、疾走感のあるロックンロールナンバーだそうです。

日本では、ガールズロックバンドはあまり多くないですね。
いま思いつくガールズロックバンドとしては、
オレスカバンド、GO-BANG'S、少年ナイフ、SHOW-YA、ZELDA、ZONE、チャットモンチー、中ノ森BAND、NORMA JEAN、ピストルバルブ、PINK SAPPHIRE、プリンセス・プリンセス、Whiteberry、ロリータ18号ぐらいですが、すでに活動していないバンドも多いです。

ステレオポニーはメンバーの年代からみても、zoneが活躍していたころのように、ティーン世代の人たちを中心に人気がでていくような気がします。

ステレオポニーは今後、要チェックのガールズロックバンドです。


posted by クロック at 10:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

フェムトセル

フェムトセル(femtocell)は、半径数十メートルという非常に狭いエリアを対象とした小型の基地局のことです。一般的な携帯電話の基地局は半径数百メートル〜十数キロメートル、PHSだと半径数百メートルのを通話エリアとしてカバーしています。これは「マクロセル」と呼ばれています。それに対してフェムトセルだと、コードレスホンや無線LANと同じぐらいの範囲をカバーするようになります。

マクロセル方式だと、基地局同士の境界領域やビルの奥、地下など見晴らしの悪いようなところでは電波の強度がかなり弱くなって、通信しづらい場所が生まれていました。いわゆる圏外です。フェムトセルを使うと、屋内を中心にこの圏外がかなり減らせるようです。
フェムトセル方式はこれまでの基地局と比べて装置の大きさを小さく軽くできるため、設置場所の制約がかなり少なくなるようです。そのため電波が届きにくいビルの中や地下街、住居内などに設置することができ、これにより、今まで圏外だった場所にも電波が届くようになるというしくみです。

圏外がすべてなくなるのは不可能に近いとは思いますが、少しでも減ってくれるほうが、消費者としてはうれしいですよね。

ただしこのフェムトセル、技術的にクリアしなくてはいけない問題がいろいろとあるようです。特に電波が干渉しやすく、

そのため携帯電話の通信業者によって、力の入れ具合に差があるようです。NTTドコモとソフトバンクモバイルはわりと積極的に取り組んでいるようですが、auは研究はしているけどあまり積極的ではないようです。

フェムトセルが普及するかどうかは、まだよくわかりませんね。

posted by クロック at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

薬事法改正

薬事法改正が間近ですね。2009年6月より完全施行される改正薬事法は、いろんな意味で私たちの生活に影響を及ぼしそうです。

薬事法が改正されると、コンビニエンスストアスーパーマーケットなどでも一般医薬品の販売ができるようになるなど便利な面もあります。
現在は薬局やドラッグストアだけで販売が許可されている医薬品が、ほかのお店でも購入できるということですね。24時間営業のコンビニエンスストアなどで販売されると、夜中に急に体調が悪くなったりしたときでも、すぐに医薬品が手に入るのがいいです。

また、購入できる場所が増えるのも、消費者にとっては便利なところですね。店舗での販売に関しては、店舗に薬剤師またはそれに準じた新しい資格である「登録販売者」が在籍していれば販売が可能になります。
医薬品の販売に、現在よりもかなり参入しやすくなると思います。

その反面、通信販売インターネット販売などによる医薬品の販売は、
ビタミン剤やうがい薬などの医薬品を除いて、すべての販売が禁止されることになるようです。

ようするに、直接商品を手渡しすることができるか、できないかという
ところで差がでるようですね。

医薬品を通信販売やインターネット販売で購入している消費者にとっては、かなり不便になります。それどころか、通信販売やインターネット販売の業者さんにとっては死活問題でもあります。

今後どう進んでいくかわかりませんが、施行直前にはまたかなりの物議を醸しだすことでしょう。
posted by クロック at 13:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CanCam卒業

エビちゃんこと蛯原友里さんが、人気女性ファッション誌「CanCam」(キャンキャン)を卒業する日が近づいています。

10月23日発売の、「CanCam」2008年12月号が最後の出演です。

CanCanで、6年間専属モデルをつとめていた蛯原友里さんは、カリスマモデルとして、最近のCanCamを引っ張ってきました。

特に、CanCamの中で紹介されていた可愛い系コーディネートは「エビちゃんOL」と呼ばれており、女子大生・OLを中心にかなり参考にされていますね。「エビちゃんOL」はどちらかといえば無難な格好で、会社内での先輩や上司の受けや男性からの受けも良く、友達の間でも目立ち過ぎないファッションとして、重宝されているようです。

卒業後は「AneCan」(アネキャン)に移籍することになるそうです。まあ、AneCanはCanCamの姉妹誌なので、実際にはそれほど変化はないのかもしれませんが。
一足先にキャンキャンを卒業した押切もえさんも、現在はAneCanでモデルとして活躍しています。

CanCan出身で、すでにCanCam卒業してしまったモデルの中には、長谷川理恵さん、藤原紀香さん、伊東美咲さん、長谷川京子さん、米倉涼子さん、竹下玲奈さん、森泉さんなど、現在でも女優やモデルとして活躍されている人たちがたくさんいます。

蛯原友里さんも、CanCam卒業後のさらなる活躍が期待されます。
posted by クロック at 11:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

リバイタルグラナス 資生堂

資生堂から発表された新しい化粧品ブランド、「リバイタルグラナス」が話題です。

資生堂の化粧品のなかでも高級化粧品に属するこの新ブランド、30代からそれ以上の女性に向けてつくられたコスメで、30〜40代らしい肌の美しさを引き出すということに力をいれているそうです。

高級化粧品とはいえ、価格帯は4,000円から15,000円ぐらいだそうなので、ちょっと頑張れば買えそうな値段です。

メーククレンジングオイルクレンジングミルクローション(化粧水)、エマルジョン(乳液)、セラム(美容液)、クリームデープロテクターUVイリデッセント ベース(メーキャップベース)、ファンデーション リキッドファンデーション パウダリーコンパクト ケースイリデッセント フィニッシュ(フェースパウダー)などが発売されるようです。

CMには女優の鈴木京香さん、バイオリニストの諏訪内晶子さん、女優のマイコさんなどが出演されます。

キャッチフレーズは「女性は成長をやめない」、このキャッチフレーズも、とてもかっこいいです。さすが広告がおしゃれな資生堂だけのことはありますね。

9月には発売に先駆けて、表参道ヒルズでプレイベントが開催されたようです。

CMにも登場されるモデルのマイコさんや、今年でいったん活動を休止されるジャズピアニストの綾戸智絵さんが出演され、フリーアナウンサーの木佐彩子さんの司会で会場は大いに盛り上がったようです。
綾戸智絵さんのミニライブなんかもあったようですね。

10月21日の発売が楽しみです。
posted by クロック at 15:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

東京国際映画祭

第21回東京国際映画祭が、2008年10月18日(土)〜10月26日(日)9日間開催されるそうです。

メイン会場は 東京都港区の六本木ヒルズと、東京都渋谷区のBunkamura で、サブ会場として、東京都内のいろんな劇場や施設・ホールをつかって開催されます。

今年のテーマは、”エコロジー”で、エコロジーを意識したイベントなどが数多く行われるようです。


東京国際映画祭は、日本で唯一、FIAPF(国際映画製作者連盟)から公認された国際映画祭です。
ほかの国の国際映画祭と違い、総合映画祭としての形式はとらず、長編作品のみを対象としているところが特徴的です。

国際映画祭といえば、カンヌ映画祭、ヴェネチア映画祭、ベルリン映画祭などが有名ですが、東京映画祭もそれらの映画祭に負けずと劣らず、かなりがんばっているようです。

最近では、
2005年(第18回)の『雪に願うこと』(根岸吉太郎監督)
2006年(第19回)の『OSS 117 カイロ、スパイの巣窟』(ミシェル・ハザナヴィシウス監督)
2007年(第20回)の『迷子の警察音楽隊』(エラン・コリリン監督)ル
などがグランプリを受賞しています。

今年もさまざまなジャンルの、たくさんの作品がノミネートされています。今年のグランプリはどの作品になるのでしょうか。

映画ファンのみならず、一度は行ってみたいイベントのひとつであります。

posted by クロック at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。