このブログは、鎌谷悠希さんのブログでは、ありません。コチラ↓に移動してください

http://corvusmr.exblog.jp/

2008年10月14日

カバー取引

カバー取引という言葉、ちょっと気になったんで調べてみました。

FX取引外国為替証拠金取引)などをやっていると時々耳にする言葉です。

カバー取引とは、外国為替証拠金会社(FX取扱会社)が顧客との取引により発生するかもしれない損失を減少させるために、顧客から受けた注文と同じ取引を他の業者等に行う取引の事をいいます。

カバー取引を行うことにより、投資家からの注文がFX取扱会社からカバー取引先に引き継がれ、外国為替証拠金会社は個人投資家から集めた注文による為替リスクを解消できます。

株式取引などでは投資家と投資される側の間に取引所や証券会社が入って仲介する形なので、取引相手は特定されません。

それに対して、外国為替証拠金取引の場合は投資家と外国為替証拠金会社の直接取引となるため、投資家の儲けは外国為替証拠金会社の損、外国為替証拠金会社の儲けは投資家の損となります。

外国為替証拠金会社は、この発生する可能性があるリスクを解消するため、投資家から受けた注文と同じ注文をカバー取引先である他の外国為替証拠金会社や銀行とおこなうようになっているようです。

ただし、このカバー取引のやりかたには、FX会社によってさまざな違いがあり、また、カバー取引先もFX会社によって違うそうです。

カバー取引先は、それぞれの外国為替証拠金会社のホームページなどで確認できますのでFX取引(外国為替証拠金取引)をやっている方は、一応確認しておいたほうがいいですね。
posted by クロック at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。