このブログは、鎌谷悠希さんのブログでは、ありません。コチラ↓に移動してください

http://corvusmr.exblog.jp/

2008年10月09日

アガツマ「アニメスタジオ」

アガツマ「アニメスタジオ」、これはコマ撮りアニメを簡単に作成することができる装置で、東京都の玩具メーカー、株式会社アガツマが10月に発売を予定している装置です。

都立産業貿易センターで開催された、玩具業界の関係者を対象とした、玩具関係の商談会「2008 東日本玩具見本市」で発表され、かなりの注目をあびました。

アニメスタジオの構造は、正方形の台の上にデジタルカメラが付いていて、そのデジタルカメラによって1コマずつ撮影し、内蔵ソフトを使って再生することができるというものです。

またカメラは、台の上から真下を撮影するだけでなく、付け根の所から180度回転させ、真横から台の上を撮影することもできるようです。
この機能を使うと、セル画などを使ったセルアニメだけでなく、粘土を使ったクレイアニメなどもわりと簡単にできそうですね。


再生はAVケーブルを使ってテレビに接続するとすぐに再生できます。
再生速度が1秒間に4コマで固定されていることと、音声とつけることができないことがあり、本格的なアニメには向かないかもしれませんが、パラパラマンガ的な使い方にはもってこいですね。

画像データはJPEGで保存され、本体に40枚、1GBのSDメモリカードを使えば9,999枚以上の画像を記録することができるそうです。

気になるお値段は15,750円なので、かなりリーズナブルです。
衝動買いしてしまいそうです。

posted by クロック at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ステレオポニー

ステレオポニーは、沖縄出身のガールズ・ロック・バンドで11月5日にシングル“ヒトヒラのハナビラ”でメジャーデビューを飾ることになっています。

メンバーは、NOHANA(ベース)、AIMI(ボーカル&ギター)、SHIHO(ドラムス) という平均年齢17.3歳のスリーピース構成です。アマチュア時代からさまざまなコンテストで脚光をあびていました。満を持してのデビューとなりそうです。

すでにテレビ東京系人気アニメ「BLEACH」の10月度のエンディング・テーマとして流れることが決定しているようです。
プロデューサーはYUIを手がけた近藤ひさし氏で、疾走感のあるロックンロールナンバーだそうです。

日本では、ガールズロックバンドはあまり多くないですね。
いま思いつくガールズロックバンドとしては、
オレスカバンド、GO-BANG'S、少年ナイフ、SHOW-YA、ZELDA、ZONE、チャットモンチー、中ノ森BAND、NORMA JEAN、ピストルバルブ、PINK SAPPHIRE、プリンセス・プリンセス、Whiteberry、ロリータ18号ぐらいですが、すでに活動していないバンドも多いです。

ステレオポニーはメンバーの年代からみても、zoneが活躍していたころのように、ティーン世代の人たちを中心に人気がでていくような気がします。

ステレオポニーは今後、要チェックのガールズロックバンドです。


posted by クロック at 10:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

フェムトセル

フェムトセル(femtocell)は、半径数十メートルという非常に狭いエリアを対象とした小型の基地局のことです。一般的な携帯電話の基地局は半径数百メートル〜十数キロメートル、PHSだと半径数百メートルのを通話エリアとしてカバーしています。これは「マクロセル」と呼ばれています。それに対してフェムトセルだと、コードレスホンや無線LANと同じぐらいの範囲をカバーするようになります。

マクロセル方式だと、基地局同士の境界領域やビルの奥、地下など見晴らしの悪いようなところでは電波の強度がかなり弱くなって、通信しづらい場所が生まれていました。いわゆる圏外です。フェムトセルを使うと、屋内を中心にこの圏外がかなり減らせるようです。
フェムトセル方式はこれまでの基地局と比べて装置の大きさを小さく軽くできるため、設置場所の制約がかなり少なくなるようです。そのため電波が届きにくいビルの中や地下街、住居内などに設置することができ、これにより、今まで圏外だった場所にも電波が届くようになるというしくみです。

圏外がすべてなくなるのは不可能に近いとは思いますが、少しでも減ってくれるほうが、消費者としてはうれしいですよね。

ただしこのフェムトセル、技術的にクリアしなくてはいけない問題がいろいろとあるようです。特に電波が干渉しやすく、

そのため携帯電話の通信業者によって、力の入れ具合に差があるようです。NTTドコモとソフトバンクモバイルはわりと積極的に取り組んでいるようですが、auは研究はしているけどあまり積極的ではないようです。

フェムトセルが普及するかどうかは、まだよくわかりませんね。

posted by クロック at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。